アクティブ ラーニング と は 簡単 に

現在、アクティブラーニングは日本の高等教育機関にとって大きな関心事です。この章では、アクティブラーニングとは、明確な意図を持って学習し、早期学習に従事する学生と定義されています。その結果、アクティブラーニングはいくつかの学習成果をもたらします。以前のいくつかの研究は、学生の学習成果が教育​​の質と学生の経験に強く関連していることを示しています。そのような教育はしばしば能動的学習方法を含み、能動的学習方法は学生の能動的学習と強く関連することが期待されます。このようなアクティブラーニング手法は、リーディング大学院プログラムとして知られる日本の大学院プログラムに導入されています。この章では、アクティブラーニングの理論と有効性を検討した後、サキュバス大学の主要な大学院プログラムで導入されたアクティブラーニング手法の実践を探ります。そのプログラムは、新しい知識ベースのコミュニティでの学習成果につながるユニークで中間的なプロジェクトです。

日本の高等教育機関におけるアクティブラーニングの急速な普及に寄与する2つの要因があります。最初の要因は、教育センターから学習センターへの移行です。今日の知識ベースの社会では、知識獲得に基づく新しい教育および学習ベースの教育システムへの移行は世界的な傾向です。伝統的な知識移転に基づく教育は、基本的なスキル、標準化されたスキル、およびある程度の知識と適応を習得するための効果的な方法です。しかし、多様性、創造性、挑戦感、個性、パフォーマンス、リーダーシップなどの特性に関しては、知識ベースおよび暗記ベースの学習は限界に直面しているという共通の認識があります。実践的知識と適応的知識の習得は能動的学習と関連していることが指摘されている。

アクティブ ラーニング と は 簡単 に

第2の要因は、文部科学省の高等教育政策の学習成果への転換と密接に関連しています。このような高等教育政策は、大学院プログラムの教育改革にも当てはまります。したがって、学部教育だけでなく、知識ベースのコミュニティのための学習成果も大学院教育を通じて求められています。

この章の目的は、近年の文部科学省の高等教育政策を探求し、能動的学習を加速し、学部教育における能動的学習方法と学習成果との関係を示すことです。その後、この章では、大学院教育プログラムの教育改革を加速するための文部科学省の方針に取り組むための能動的学習方法を紹介する大学院教育プログラムの事例研究を検討します。

その結果、人文社会科学の学生は、STEMや医学の学生よりも、「研究やアイデアを提示する」、「教室で話し合う」、「教室でトピックを決定する」可能性が高いことがわかりました。 STEMと医学のカリキュラムは高度に構造化されていると考えられており、学生は人文科学や社会科学よりもカリキュラムを通じてより高いレベルの知識を習得する必要があります。しかし、最近、アクティブラーニングを改善するために、STEMおよび医学の授業で逆の指導スタイルを導入することが奨励されています。

アクティブラーニングの方法を導入することに加えて、生徒が教室の外で積極的かつ独立して学習できる環境を作ることが重要です。学生のアクティブラーニングをサポートするそのような代表的なエコシステムの1つは、いわゆる「ラーニングコモンズ」です。文部科学省は大学にラーニングコモンズの設立を奨励しているため、多くの日本の大学がラーニングコモンズを設立するようになりました。ラーニングコモンズは、効果的な学習への関与を促進する効果を持つ人工的に設計された環境です。

山田氏は、共通点を学ぶことには大きな期待があると指摘しています。ただし、デザインや機能による効果には限界があることを忘れてはなりません。教員と学生のインタラクティブな活用により、相乗効果が期待できます。さらに、クラスを担当する教師は、学習コミュニティの重要性を理解し、教室の内外で学習を統合するカリキュラムを設計することが重要です。

これまで、日本の高等教育政策をアクティブラーニングの推進と定義し、学部教育において偏った効果をもたらす学生への教授法としてアクティブラーニングを模索してきました。しかし、教育改革を発展させるには、学部教育だけでなく大学院教育も必要であり、アクティブラーニングを通じて地域社会に学習の影響を与えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。