インクルーシブ 教育 課題

日本の特別支援教育システムは、分離されたアプローチからより包括的なアプローチに移行しましたが、このアプローチの実際の実施は理想的とは言えないかもしれません。インクルーシブ教育の実施は、個人のニーズを満たすことの難しさや公立学校システムにおける医療支援システムの欠如など、多くの課題に直面しています。このことを念頭に置いて、私たちはウェブベースの調査を実施し、日本の学校教師の教育に対する態度や感情を経験的に調べました。また、インクルーシブ教育の実施に関する日本の小中学校教師の態度や感情に影響を与える社会環境的および個人的要因を特定することも試みました。調査結果によると、学校の教師はインクルーシブ教育が望ましいと考えていますが、実現可能ではありません。しかし、インクルーシブ教育の実施の可能性についての学校教師のコメントは、彼らの気候が集合的に適切であると考えられる場合、助けを求める彼らの意欲と正の関係があることがわかりました。これらの調査結果に基づいて、インクルーシブ教育を成功させることができる教育環境について議論します。

2007年以降、特別支援教育システムは、「特殊教育」から「特別支援教育」への移行を試みました。後者は、障害ではなくニーズに焦点を当てており、困難なすべての学生が適切な教育支援を受けることができます。しかし、特別支援学校に在籍する生徒の数とそのような学校の数は増え続けています。文部科学省は、特別支援教育を「個々の教育ニーズを考慮に入れて、能力の完全な発達と自立および社会参加を目的とした障害のある学生のための教育」と定義しています。さまざまな構造が、「特別な支援を必要とする学生」に次のように教育を提供します。

2007年に学校教育法が改正される前は、特殊教育学校は「聾学校、視覚障害者、障害児のための学校」に分類されていました。各特殊教育学校には、障害児を対象とした「公開クラス」と、複数の障害を持つ生徒を対象としたクラスがあります。特殊教育学校の生徒の標準的な比率は、クラスごとに6人であると報告されていますが、平均して3人に近いです。通常の小学校と特別支援教育学校との間の交流と共学習が行われています。特別支援教育学校の生徒は、小学校の音楽やお絵かき教室、学校給食、遠足などの学校行事に参加しています。 2017年には、日本に1,135の専門学校があり、142,000人の生徒が在籍しています。

過去には、法律144/54は、特殊教育学校に在籍する子供と学生に、本、食べ物(昼食)、旅行や学校旅行のための交通手段、教材を提供することで支援を提供していました。 1970年、「障害者の福祉を改善する」ために、障害者のための基本法が採択された。障害者基本法(2011年に改正)は、障害に関係なくすべての市民が互いに尊重し、支え合う「共生コミュニティ」の重要性を強調しています。法律は、障害を持つ人々が地域社会に参加することを奨励する活動を規定しています。教育基本法では、すべての市民に能力に見合った教育を受ける機会を提供し、国や地方自治体が障害者の障害教育に必要な教育支援を提供しなければならないと定めています。

障害者基本法第16条は、さらに次のように述べています。’障害のある子供と学生が障害のある子供と学生と一緒に教育を受けることができるという事実を考慮に入れて、教育の内容と方法を改善および強化するために必要な措置を講じる。できるだけ ‘。しかし、教育における障害者に関する他の法律はありません。

1985年、日本は1979年の女性に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約を批准した。 1999年の男女共同参画社会基本法は、5つの基本原則を特定しました。男性と女性の人権の尊重。計画と意思決定への参加。家族生活における活動;仕事と他の機能のバランスをとる。そして国際協力。政府は男女共同参画の基本計画を採用しており、その主な目的は、教育とメディアを通じて男女共同参画についての意識を高め、広く普及した広告と教育キャンペーンを作成し、男女共同参画を研究し促進することです。文部科学省は男女共同参画局と協力して、初等中等教育の学生が男女共同参画の重要性を理解するのを支援すると同時に、教育、スキル開発、学習の機会を強化しています。政府は、キャリアガイダンスに基づいて、大学入学率の性差を考慮して、さまざまなキャリアとキャリアの選択を推進しています。

日本政府は無料の日本語教育を提供しています。第二言語または外国語としての日本語(JSL)での実際の指導に基づいて、2つの主要なカテゴリーがあります。トピックタイプJSLカリキュラムは、子供の好みに応じてトピックを設定し、レッスンベースのJSLカリキュラムを使用する能力を開発します。 。各レッスンに参加する日本人。また、研究振興プログラムでは、外国人の子どもたちに日本語での基礎学習の機会を提供しています。民族学校への支援は比較的少ない。少数民族であるにもかかわらず、日本国憲法には彼らを保護するための規定も、彼らを保護するための一般法もありません。

インクルーシブ 教育 と は わかり やすく

日本の正規教育と特殊教育の二重の伝統の中で、政府は教育改革を推進しており、それは教育への包括的なアプローチを促進しています。この研究では、大学のすべての就職前の教師の意見を検討することにより、教師が日本にうまく入学するための訓練を受けているかどうかを調べます。日本の教育への包括的アプローチへの動きは、通常教育と特殊教育の訓練を受けた教師間の協力と支援を通じて奨励されています。したがって、小学校や専門学校で働く準備をする前のサービス教師の異なる意見は、この研究の特に焦点です。ディスカッションでは、内容の理解が非常に限られており、包括的なアプローチのための日本のプリサービス教師のスキル、知識、経験、またはトレーニングが不足しているため、より良い教師の準備が必要であると考えています。

日本の特別支援教育システムは、分離されたアプローチからより包括的なアプローチに移行しましたが、このアプローチの実際の実施は理想的とは言えないかもしれません。インクルーシブ教育の実施は、個人のニーズを満たすことの難しさや公立学校システムにおける医療支援システムの欠如など、多くの課題に直面しています。このことを念頭に置いて、私たちはウェブベースの調査を実施し、日本の学校教師の教育に対する態度や感情を経験的に調べました。また、インクルーシブ教育の実施に関する日本の小中学校教師の態度や感情に影響を与える社会環境的および個人的要因を特定することも試みました。調査結果によると、学校の教師はインクルーシブ教育が望ましいと考えていますが、実現可能ではありません。しかし、インクルーシブ教育の実施の可能性についての学校教師のコメントは、彼らの気候が集合的に適切であると考えられる場合、助けを求める彼らの意欲と正の関係があることがわかりました。これらの調査結果に基づいて、インクルーシブ教育を成功させることができる教育環境について議論します。

個人資格法第3条では、特別要件教育証明書を取得するために公教育証明書を取得することが義務付けられています。これは、特別支援教育免許を持つすべての教師が資格のある一般教育教師であることを意味します。その結果、特別支援教育の証明書を持っている日本人教師は、仕事中に特別支援教育から一般教育に、または一般教育から特別支援教育に切り替えることができます。

2017年以降、教員認定制度の改革により、通常の学校の教員は、特別支援教育において少なくとも1つのプリサービスコースを受講することが義務付けられています。しかし、インクルーシブ教育における強制訓練については言及されていません。 2017年には、67,977人の特別支援学校の教師がおり、そのうち52,829人が障害のある免許を持っていました。さまざまな種類の障害に対処するために必要な知識を習得するために、教師はさまざまな種類の障害に関するコースを受講する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。