ict 教育 と は

学校では、コミュニケーション、作成、普及、保管、管理など、さまざまなICTツールを使用しています。いくつかの文脈では、ICTは教育と学習の関係に統合されています。コンピューターで自宅の講義を見て、教室の時間をインタラクティブな演習に使用します。教師がデジタルリテラシーとICTを使用するように訓練されている場合、これらのアプローチは、より質の高い思考スキルにつながり、生徒に理解を表現するための創造的かつ個人的なオプションを提供し、コミュニティや職場で進行中の技術変化に対処するための生徒の準備を整えることができます。 ICTの問題の計画者は、次のことを検討する必要があります。総費用便益方程式に必要なインフラストラクチャを提供および維持し、投資が効果的なICTを目的とした教師のサポートおよびその他のポリシーと一致するようにする

デジタル文化とデジタルリテラシー:コンピューター技術とデジタル文化の他の側面は、人々の生活、仕事、遊び、学習の方法を変え、世界中の知識とエネルギーの構築と配布に影響を与えています。デジタル文化をあまり意識していない卒業生は、国内および世界経済においてますます不利になっています。デジタルリテラシー(情報、理由、作成を検索する機能、およびコミュニティに完全に参加するための新しいメディアの重要な使用)は、カリキュラム構造の重要な概念になっています。

ict 教育 と は

ICTと教師の専門能力開発:教師は、ICTの使用、評価の学習、個別指導、オンラインリソースへのアクセス、および学生の関与とコラボレーションの促進を強化するために、特定の専門能力開発の機会を必要としています。このようなICTのトレーニングは、教室でのICTに対する教師の一般的な態度にプラスの影響を与えるだけでなく、各分野でのICTの教育と学習に関する具体的なガイダンスを提供する必要があります。このサポートがなければ、教師は生徒の学問的思考を制限するスキルベースのアプリケーションにICTを使用します。教育管理者、監督者、教師教育者、および意思決定者は、教師が教育を変更するときにそれらをサポートするためにICTの使用について訓練を受ける必要があります。 ICT投資のメリットの確保:ICTへの投資は、学生にメリットをもたらすために追加の条件を満たす必要があります。学校のポリシーでは、標準的で手頃なインターネット接続や、フィルターやサイトブロッカーなどのセキュリティ対策など、ICTに最低限受け入れられるインフラストラクチャを学校に提供する必要があります。教師の方針は、教育現場での基本的なICTリテラシースキル、ICTアプリケーション、および懲戒アプリケーションを対象にする必要があります。 ICTの実装を成功させるには、ICTをカリキュラムに統合する必要があります。最後に、デジタルコンテンツは現地の言語で作成され、現地の文化を反映している必要があります。これらの問題はすべて、ICTへのアクセスと効果的な使用を確保するために、継続的な技術的、人的、および組織的なサポートを必要とします。

リソースに制約のある環境:ICTの所有にかかる総コストはかなりのものです。トレーニング、接続、技術サポート、教師と管理者向けのソフトウェアです。 ICTを教室に導入する場合、ポリシーは増加するパスを使用し、インフラストラクチャを確立し、持続可能で簡単にアップグレードできるICTを導入する必要があります。一部の国の学校では、生徒が自分のモバイルテクノロジー(ラップトップ、タブレット、スマートフォンなど)をすべての生徒に提供するのではなく、自分のデバイスを持参するのではなく、教室に持ち込むことを許可し始めています。ただし、すべての家族が子供のための機器やサービスプランを購入できるわけではありません。学校は、すべての生徒が学習のためにICTデバイスに平等にアクセスできるようにする必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。